波動を取り入れる

波動の測定値について

波動を取り入れるために、実際の波動の効果が期待出来る、食品や水を知っていただきたい。
MRAタイプの波動測定器を使っての実際の波動測定値の一部をご覧下さい。その他の、食品などの数値を定期的に開催する波動セミナーなどでもご紹介しております。

波動測定値の人体への効果の目安

波動の測定値はー20〜+20までの43段階に評価されます

  • +19以上 滅多に検出しない
  • +15以上 癒しの効果が期待出来る
  • +10以上 健康維持と保持効果が期待出来る
  • +6以上  一般的な食物や水である
  • ±0以上   人体に大きく影響しない
  • ー0以下  人体に影響がある
  • ー10以下 著しく問題

食塩の測定例(免疫)

精製塩 キパワーソルト ヘンプソルト 琉球美味塩
+0 +11 +7 +16

一般野菜と有機野菜の測定例(免疫)

一般トマト 有機栽培トマト 一般大葉 有機栽培大葉
+8 +16 +0 +15

波動エネルギーを取り入れる方法

1、意識 感動し、笑い、感謝する。天地自然の理に従う。
2、素材 水晶、金、銀、天然石(トルマリン等)、自然塩、備長炭
3、形状 六芒星、五芒星、メビウス、ピラミッド
4、機器 振動、回転、電場、磁場、遠赤外線、宇宙エネルギーの照射
5、祈り プラス思考で考え、イメージし、感謝し、完了させる

具体的に波動を取り入れるには

水、食品、ミネラル、気などから波動を取り入れることができます。