大和民族が地球を救う

大和民族はどこから来たのか

日本人は、中国や韓国と同じ民族だと思われてる人々が多いのだが。
最新の遺伝子研究により、日本人には、中国や韓国とはDNAの一部が異なり、Y染色体D系統が日本人に多ことが解明されている。

チベットや東南アジアがD1とD3系統であるのに対して、
日本人のD系統はD2系統で、このD2系統は世界の中で日本人にしか存在しない固有の系統で、このD2系統には、特徴的なYAPとよばれる挿入部分をもち、これは D,E系統のみに含まれ、このYAP因子は他の民族には存在しないのです。

「失われたイスラエルの10支族」のうちの、エフライムとマナセだけがこのYAP因子をもつD系統である。日本人の遺伝子の系統は、古代イスラエル、古代ユダヤのものと同じなわけだということになり、イスラエルの失われた十支族の末裔が日本人である可能性が高い?

日本人は宇宙人の末裔?

もう一つ興味深いのが、1947年にロズウェルの墜落したUFOの乗組員3体の遺体のうち、1体からYAP因子が発見された?

なぜ、宇宙人と日本人が同じ遺伝子を共有しているのか。理由は両者が同じ民族だからである、正確に言えば同じ民族の血を分け合っている。宇宙時の正体は、世界史最大の謎と知られている「失われたイスラエルの10支族」であり、その一派が古代の日本に渡来したとしか考えられない。

宇宙から送られた日本人への使命

日本人は、世界で唯一地球に降り立った宇宙人(失われたイスラエルの10支族)の末裔である、私たちは世界の真の目覚め(アセンション)に向け重要な役割を担うことになるだろう。
1)プレアデスより来た。まもなく宇宙との交流が始まる。その前に一波乱ある
2)この世は写し絵に過ぎない。光の国が投影したもう一つの世界。
3)日本人には世界を救う担い手。責任がある。
4)日本人には数々の長所がある(勤勉、優秀な頭脳、正直、誠実、人に尽くす心)
5)日本人の開発した技術を用い貧しい国に作ってもらう
6)資本主義はもうじき崩壊する。この考え方のままではアセンションできない。
7)神界は厳しい経験をさせ、困難を克服させ、目覚めを助ける。
8)これから、地震や洪水が頻繁に起こる。それが浄化である
9)環境を大切に、人々は愛し合い、富は独占するのではなく分かち合って

地球の真の目覚めに向けて、日本人の役割は重要なのである

大気調整措置「アトリオー」で東京直下型地震を回避する


ウィルヘルム・ライヒが開発したクラウドバスターを、ヒュー・ラヴル氏、ドン・クロフト氏が改良して作ったのがこの「アトリオー」である。
「アトリオー」は負のエネルギーを浄化し、良いエネルギーに変容させた上で環境に働きかけるので危険はない。

大気中で親和力が働いて雨滴が形成され降雨現象が引き起こされる。
この装置ににより、大気中の様々な汚染物質が中和され、また干ばつ地帯においては、適度な降雨をもたらす。
完全な砂漠地帯においても、周辺の海からの水蒸気を集めて雨を降らすことを可能とする。大気環境改善の効果が現れるには2、3週間、降雨に関しては数時間で効果が現れる事もある。
1台で直径30km程度の面積(その土地のエネルギーによりかなり異なります)に作用する。

アトリオーの特徴

  • 大気汚染を解消して健全な雲を形成させる
  • マイナスイオンにより、必要な時に必要なだけ雨を降らせる
  • ケムトレイルを解消させる
  • マイナスイオンを大気に与え続ける
  • 人工的な動力源を必要としない